■ミニヤギ・ヤギ・ミニやぎ・やぎの販売■

    
up
    
    
 ■飼育するまえに
ミニブタとは、一般に豚に比べて小型の豚ですが、明確な決まりはありません。
日本で飼育されている多くは、ポットベリーおよびその雑種です。ミニブタの品種は家畜豚では系統と言います。
ポットベリーはベトナム原産の小型の豚をアメリカでペット用に改良し、広く飼育されるようになったミニブタです。
体重は個体差が大きく、20〜70kg程度になり、およそ100kg以下であればミニブタと呼びます。
子豚の時期は可愛く、扱いやすいですが、大きくなるにつれ世話も大変になってきます。
誰でも簡単に飼育できるペットではありません。飼育をする場合には、飼育できる環境かどうかを十分にご検討ください。
同じ年齢、体重の豚でも生活環境や飼育方法により運動量も違うため、餌の量も変わってくるので、餌の与えすぎの肥満や、制限のしすぎで
の栄養不良となりすぎないよう注意が必要です。
 ■ミニブタの食事
ミニブタに食べさせて良いものは、市販のミニブタ専用フードや牧草、野草(中毒を起こすので農薬に汚染されていないもの)、
レタスやキャベツ、白菜、セロリ、チンケセンサイなどの野菜類、果物などです。
決して食肉用の豚の餌を与えてはいけません。食肉用の豚の餌は短期間で急成長するように配合されています。
ミニブタ専用フードは、食肉豚専用フードに比べて低タンパク質、低脂肪、高繊維です。
与えれば何でも食べてしまいますが、草食動物に近い雑食です。甘いものが好きですが、お菓子などを与えてはいけません。
肥満は関節炎。心疾患、心臓障害を引き起こしやすく寿命を縮めます。
またドックフードなどは栄養価が高いのでペットフード類は絶対に与えないでください。
塩分を含むものは、塩分と水分のバランスを崩し食塩中毒の原因になる。
 ■ミニブタの餌の量
@2週〜3ヶ月くらいまで
ミニブタは生後2週間目くらいから母ブタの餌を拾って口にするようになり、3週間目くらいには餌を食べられるようになります。
固形物が食べられるようになったら、離乳食を食べたいだけ食べさせます。3ヶ月に近づいたら徐々にミニブタフードに変えて行きます。
これを1日2~4回に分けて与えます。その他にjyっ間の野菜・果物を小さく刻んで与えます。
基本的には生でいいのですが、そうか不良を起こす場合がありので茹でて与えます。
A3ヶ月以降〜6ヶ月くらい
3ヶ月を過ぎたらミニブタフードを少しづつ増やしていき、1日あたり1.5〜2カップにする。野菜・果物もそれにあわせて増量します。
B6ヶ月以降
ミニブタフード1.5〜2カップを標準とするが、太り具合を見て若干尾調整をする。
ブタは子供の頃に成長に多くのエネルギーを必要とするのに対して、大人のブタは体力意地に必要なだけであるので、体の大大きさの割合に対し餌の量は多くする必要はありません。
 ■水の与え方
新鮮な水をいつでも飲めるようにします。両道欠席や膀胱炎を防止する意味でも水は大切です。
ミニブタ専用フードにも結石予防のために尿のPHを上昇させない尿酸化剤が添加されています。
鼻で水をよくこぼしたりひっくり返したりするので水を入れる容器は、ひっくり返りにくい、大きくて重い食器を使うようにしましょう。
水は温かすぎたり、冷たすぎたりしても飲まないことがあるので交換するときにはチェックします。
 ■ペットミニブタの温度環境
ミニブタを飼育するうえでの快適な温度は18℃〜24℃といわれ、、気温や日差しには十分に配慮する必要があります。
夏場は日陰や水浴び場が必要で、冬は小屋の敷き藁などで保温が必要です。
野外飼育の場合には熱射病対策として木陰や日陰を作る。十分な飲み水を用意する。
また、ブタは臆病な動物なので外へ出るのを嫌がるので、室内で飼育する場合には小さなうちから外でお散歩する習慣を作っておきます。
室内飼育では特別な配慮はありませんが熱のこもりやすい部屋で飼育する場合には、換気や通気に気をつけましょう。
エアコンを使う場合にはゲージなどを吹き出し口におかない、体温調整ができるよう毛布などを用意する。
 ■手入れ
ミニブタを飼育するうえでの快適な温度は18℃〜24℃といわれ、、気温や日差しには十分に配慮する必要があります。
夏場は日陰や水浴び場が必要で、冬は小屋の敷き藁などで保温が必要です。
野外飼育の場合には熱射病対策として木陰や日陰を作る。十分な飲み水を用意する。
また、ブタは臆病な動物なので外へ出るのを嫌がるので、室内で飼育する場合には小さなうちから外でお散歩する習慣を作っておきます。
室内飼育では特別な配慮はありませんが熱のこもりやすい部屋で飼育する場合には、換気や通気に気をつけましょう。
エアコンを使う場合にはゲージなどを吹き出し口におかない、体温調整ができるよう毛布などを用意する。
 ■豚の伝染病について(ワクチン接種)
一旦発生したら、厳しい監視や処置を求められる豚に関する病気は20程度あります。これらの病気にはワクチンが用意されています。
ペットブタの場合は家畜ブタほど心配する必要はないかと思いますが、次のような場合には獣医さんや家畜診療所などと相談の上
いくつかの病気にたいするワクチンを接種したほうが良いでしょう。
@近くに養豚場がある
Aペットのミニブタを連れて養豚場へ出入りする。
B養豚場へ出入りする車がと通る道を散歩する。
C繁殖させる計画がある。
Dあなたのペットミニブタが人畜共通伝染病または他の動物に対して中間宿主になって欲しくない。
E単独飼育のペットのミニブタでも起こる可能性のある病気に対応したい。
         ※表示価格は全て税抜き価格です。

地域最安値に挑戦します! 他店のお見積りをご提示ください!

体重 15〜30kg※躾と管理が行き届いた状態で飼育された場合)
寿命 12〜15年位
特徴 多くは小型のポットベリー系およびその雑種です。
ミニブタの品種は、家畜豚では系統と言います。
ベトナム原産の小型の豚をアメリカでペット用に改良し、広く飼育されるようになりました。
体重は個体差が大きく60キロ程度になります。
価格
体重 15〜30kg※躾と管理が行き届いた状態で飼育された場合)
寿命 12〜15年位
特徴 多くは小型のポットベリー系およびその雑種です。
ミニブタの品種は、家畜豚では系統と言います。
ベトナム原産の小型の豚をアメリカでペット用に改良し、広く飼育されるようになりました。
体重は個体差が大きく60キロ程度になります。
価格

オリエンタル酵母工業 ミニブタ用飼料 MP-A 10kg
販売価格:6,600円
※10,000円以上で送料無料となります。
up
◆サイトマップ ◆サイトポリシー ◆個人情報について ◆特定商取引法に基づく表記


Copyright © 2011 MUGEN ANIMAL all rights reserved.